医院の開業・独立開業、事業承継、M&A、医療法人設立のことならドクターサポート.com|大阪|東京【日本マネジメント税理士法人】へ

新規開業サポート

クリニック開業に向けて、ご準備はお進みでしょうか?

最近、医療・福祉機関の新規開業に係わる方々のなかに、自分の都合や、中途半端な知識を振りかざし、先生方を振り回して、混乱を生じさせている例が、散見されます。

開業に際し、重要なのは、先生ご自身の置かれている状況を、客観的に把握し、明確な目的意識を持ち、しっかりとした、事業計画をたてることです。

さらに、クリニック開業を進める上で、発生するであろうリスクの存在を、あらかじめ予測し、明確化し、それらを、どのように回避するかを考えることも必要です。
しかし、お忙しい中、先生一人で事業を進めて行くには、大変な努力と、高いモチベーションが要求されます。

そこで、【ドクターサポート.com】の開業トータルサポートは、常に、先生のそばに居て、必要な時に、必要なアドバイスをし、タイムリーに、最適な手を打つことが最大の仕事と考えています。

【ドクターサポート.com】は、日本マネジメント税理士法人が運営しております。
医療関連業界、建設業界、その他、事業に関わる各種の業界の方々に、縛られること無く、事業全体を、客観的に見る事ができ、公平、公正に対応することができます。

【ドクターサポート.com】では、これから医院開業されるお医者様の悩みを解決し、医院の構想から、事業計画書作成、資金調達、医院建築、医院開業にともなう諸手続き、広報活動、開業後の医院経営までをトータルでサポート致します。

 

医院開業に向けての準備 <計画・資金編>

1. 開業計画の立案

開業の準備の第一歩は、診療理念・経営理念を明確にし基本計画を策定することです。
どのような理念・方針で開業し、どう実現するのか、具体的な戦略を策定します。

2. 事業計画書の策定

開業の目的・理念をはじめ、診療科目・診療内容・診療方針など、開業までの具体的なスケジュールを決定し、採算性を検討、融資交渉にも使用できる事業計画書を作成します。

3. 開業資金の算定 → 資金計画の策定

土地・建物の購入費用あるいはテナント費用を含む初期投資金額、およびその後の運転資金を算定します。
また、算定した必要資金をどのように調達するかを資金計画として策定します。
【ドクターサポート.com】が、「事業計画」「資金計画」とも、豊富な経験を活かしフルサポート致します。

4. 資金調達の実行

金融機関との融資交渉等、資金調達を具体的に実行します。
【ドクターサポート.com】が、金融機関とのパイプの太さを活用しフルサポート致します。

 

医院開業に向けての準備 <ハード編>

1. 開業物件の選定

開業物件にも一戸建て・借地・ビルテナント・ビル内医療フロアなど、様々なタイプがあります。
診療圏調査、患者動向の調査を行い、最適な開業物件を探索します。

2. 内装設計・施工

医院の設計と施工は、「患者様満足」という点や「マーケティング」という面において、非常に重要な要素です。
「ドクターサポート.com」では、クリニックに強い設計施工業者を紹介致します。

クリニック開業に向けての準備

3. 医療機器等の選定

医院の規模、スタッフ数によって、上限予算を決めて電子カルテやレセコンなどのシステムを購入、あるいはリースの検討をする必要があります。
「ドクターサポート.com」では、クリニックに強い医療機器業者・リース会社を紹介致します。

4. 調剤薬局との連携

昨今、医薬分離が加速しております。
【ドクターサポート.com】では、提携の信頼できる調剤薬局を紹介致します。

 
 

医院開業に向けての準備 <ソフト編>

1. スタッフ募集・教育

新規開業において、スタッフの採用は非常に重要です。良い人材を採用する為にまず、募集人数を増やし、良い人材にめぐり合える確立を上げる必要があります。
また採用後、研修によってスタッフのレベルを向上させ、一丸となって診療を行えるようフォローすることも非常に重要です。

2. 広報

広告媒体として看板・チラシ・電話帳、ホームページなど、様々な手段があります。
費用対効果を考え最適な広告媒体を選び実行する必要があります。

3. 各種申請・届出

(1) 医療機関として
  • 診療所開設届
  • 診療用エックス線装置備付届
  • 保険医療機関指定申請書
  • 生活保護法による医療機関指定申請書
  • その他公費医療負担の届け
  • 医師会への入会
(2) 事業主として
  • スタッフの労働保険・社会保険の加入手続き
  • 開業時税務署などへの各種届け出
  • 青色申告制度の利用
クリニック開業に向けての準備
 

医院開業に向けての準備 <資金繰り改善編>

【ドクターサポート.com】 独特のサポートです。

1. 消費税の還付

上手に手続をすることにより、開業時に支払った消費税の還付を受けることができるケースがあります。
「消費税還付コンサルティング」は【ドクターサポート.com】 独特のサポートです。
詳しくは・・・「消費税が還ってくる」ページへ

クリニック開業に向けての準備

2. 助成金の申請

「受給資格者創業支援助成金」など、開業時に受けられる助成金の申請を忘れてはいけません。
その他、「地域雇用受皿事業特別奨励金」や「介護基盤人材確保助成金」も検討する価値があります。

 
 

開業準備についてよくある質問

Q1 「承継型開業」とは、どのような開業のしかたでしょうか? 

A
現在、診療を行っている診療所を引継ぐ形で新規に開業する形態を「承継型開業」と称します。
例えば、ご高齢で後継者がおられないドクターから、そのドクターの診療所を譲り受けることが挙げられます。
  1. 診療所の土地・建物も譲り受ける場合、ほぼ診療所そのままの形で引継ぎます。
  2. また、土地・建物は引継がず、そのドクターから賃貸する場合や、そもそも他者からの賃貸物件であった場合などは、いわゆる「居抜き物件」として引継ぐケースがほとんどです。
いずれにせよ、現スタッフや医療機器等もそのままの形で引継ぎますので、開業準備の労力を少なくできるというメリットがあります。
【ドクターサポート.com】では、譲渡を希望されている診療所を、譲り受け希望のお医者様にご紹介しております。

詳しくは・・・「M&A」ページへ

Q2 自己資金に不安があるのですが、必要資金の借入れは可能でしょうか? 

A
「ドクターサポート.com」は、金融機関とのパイプの太さが特徴です。
自己資金が少なくても、必要資金の融資についてフルサポートいたしますのでご安心ください。
また、国民生活金融公庫などの公的な融資制度を利用することも可能です。
担保の無い場合には無担保で融資を受ける方法もございます。

Q3 最近「在宅支援診療所」を良く聞きますが、どんな診療所ですか? 

A
平成18年度の診療報酬改正で、在宅支援診療所が新しく設定されました。
  1. 在宅時医学総合管理料
  2. 在宅末期医療総合管理料 の申請が必要となってきます。
また、連携する医療機関・入院施設の確保・訪問看護ステーション・24時間往診が可能な体制が必要です。

医療行政が、『在宅医療』を強化しているのは衆知の事実であり、診療報酬面でも手厚い措置が取られており、クリニック収入の安定化につながります。

【ドクターサポート.com】は、『在宅支援診療所』の申請をフルサポート致します。

Q4 医院の開業地について、どのようなものがありますか? 

A
開業地を選定することは、開業計画の策定と同様に重要な課題です。
慎重に確定することが肝要です。

開業場所としては、次のような形態が考えられます。
  1. 戸建て
  2. 一般の賃貸ビル
  3. 医療(クリニック)モール
  4. ショッピングセンター内
また、診療圏や患者の動向といった条件も考慮する必要があります。
事業計画の策定段階で、入念に検討しましょう。

既に顧問税理士がおられても「ドクターサポート.com」へご相談下さい!

当事務所は、病院や福祉に幅広く関与しており、医療・福祉分野に強みを活かしております。
本業に支障なく、スムーズに病医院を開業していただけるようにサービスを提供致します。
安心してご相談下さい。

お問い合わせはこちらから